最近の記事

2013年07月29日

自校だけを意識したイベントでは勝てない

 学生募集にとって重要な夏休みとなります。イベントの準備は完璧でしょうか?


学生募集の要の夏へ突入


 学生募集関連のイベントを毎年同じようなスタンスでやっている学校も多いと思いますが、これは少し危険です。


 今まではこれでうまく行っていたというものであっても、今年もそうであるとは限らないからです。


 特に夏休みシーズンはかなりの方が複数の学校のイベントに参加し、比較した上で進学先をどんどん絞っていきます。それこそイベントに満足できなければ(そもそも募集用に用意したイベントで満足されないというのは、相当質が悪いという事でもありますが・・・)、いきなり候補からは消えてしまい、その学生が入学することはなくなってしまいます。


 また「AOにエントリーしてもらえた!」と言うのも喜んでばかりはいられません。ご存知の通り、学校側がどういう規約を作ったとしても法的効力があるわけではありませんので、他校にもAOエントリーするというのは普通にある話です。


 私が最後に学校広報現場にいた時にはAoエントリー者の90%以上が入学しましたが、現在はもっとシビアな数値に全体的になっているのではと何となくですが感じたりします。


自校だけしか見ていないと危険です


 実際、学校広報の方は日々の募集活動に追われて競合校のイベントを見ている方というのはかなり少ないと思います。


 もちろん、広報担当者自らが見にいくのはなかなかやり難い事ですので、それもあって競合の夏のイベントなどを全く考えてない方も多いと思います。


 とはいえ、今はホームページでどんなものをやっているかはわかりますし、どういうペースでストーリーを組んでいるかもある程度は把握できますので、その点はよく意識された方が良いでしょう。


 特に日程ベースで自校とバッティングする部分、同じようなカテゴリの学校の場合、イベント内容そのものがそもそもかぶる事も多いはずです(特に専門学校)。


 しかし、そういう確認さえも行わないようになると、微妙な日程差で自校が負けることもあるのです。


 例えば、土日連日で競合と偶然同じようなイベントをやったとした場合、後半に競合があるとすると、その中身が良いものの場合、競合校の記憶がより強く残ってしまいます。


 逆に先にやった自校が物凄く印象をよくすれば、競合を見るまでもなく自校に決める可能性もあるわけです。

競合よりも一つ抜き出たイベント



学生は比較で決めるもの


 学校に限った話ではありませんが、人は選択肢が多い場合、通常は比較を行うものです。昨今、口コミサイトが人気なのは、比較を簡単にできるからに他なりません。


 学校の場合も口コミはもちろん調べる方もいるとは思いますが、実際に自分の目で見て決める方が多いのも事実です。


 そのため、広報担当自らも「比較される」事を前提にイベント、その他の戦略を考える必要があります。


 そして、それにはきちんとした競合調査が必要なわけです。


 業務レベルによって、それにさける時間は人それぞれだと思います。しかし、全くやらないという事だけはないようにしましょう。自校の中だけで「これはきっと喜んでくれるはず」と思っても、競合はもっと魅力的な見せ方をしているかもしれないのです。


 今後ますます少子化は進み、学生募集は厳しくなっていきます。戦略的に学生募集は考えていきましょう。





学生募集広報戦略



posted by SEMアドバイザー亀田泰史 at 12:00| オープンキャンパス