最近の記事

2013年04月26日

小さな提携も学校の付加価値になる

 ほとんどの学校が自校にある資産だけで学生募集に臨んでいたと思いますが、そろそろ限界な学校もあるのではないでしょうか?


学内資産には限界がある


 大きな学校であればいざ知らず、ほとんどの学校はそれ以外の中小規模の学校だと思っています。そのため、今や定員に満たない学校は数多くなっているわけです。


 今までの学生募集と言えば、学内にある資産だけで勝負をしていたと思います。ここで言う学内資産とは決して会計的な資産という意味ではありません。もちろん設備なども含みはしますが、ここでは人、アイデアその他も含んでいます。


 中小規模の学校ではそれらの資産が限られてしまい、どうしても新しい事をやろうと思っても思い切った施策には出難いと思います。予算の関係、人的関係もあるでしょう。


 新しい学科を作ろうにも、それを支える人(講師、他)が必要なわけで、そう簡単にそういう人材(かつ募集に結びつくようなレベルの方)が集まるわけもありません。


 昨今は学生数も減少し、さらに学生募集に有効な学内資産は減少していると思います。


小さな提携も視野に入れるべき


 学校では単位互換性度などを設けているところも増えてきています。これは言うまでもなく自分の学校だけではまかなえないものを他校と協力する事でより魅力的な学校にするものです。


 新しく作るのはコストの面も含めお金がかかるわけですが、提携という形をとれば手間はもちろんかかるものの、他校との差別化もできますし、より簡単に学校を変化させる事が可能です。


 私自身の考えで言えば、今後はよりこの学校の一部提携という形は進んでいくと考えています。学生の将来を考える上で多様な視点を見せる事も可能ですし、何と言っても同じ資格であれば同じ学習という横並びのものから、多少とも違いをアピールする事ができるわけです。


 とはいえ、学校同士の提携だけが今回の記事で言うところの付加価値になるわけではありません。一般企業との提携も今後ますます学校は進んでやるべき事だと思っています。

新しい提携の形の模索



就職だけではない企業との提携


 一般企業との提携となると、多いのが就職関係での提携ですが、もっと別の方向での提携も多数考えられると思います。


 自校の専門分野(強いところ)というのは分かっているはずでしょうから(以前、自分の学校の売りが分からないという広報担当に会った事がありますが…)、今までは自校にあるものからイベントなどを考えていた所を、企業とのタイアップで何かできないかを考えてイベントを作りあげるというのもやってみると良いと思います。


 現状では企業を巻き込んでのイベントをやっている学校というのはそんなに多くはありませんし、やったとしても一時的なものであり(まさに企画モノ)、恒常的に提携して何かをやるというところはあまり見た事がありません(もちろん皆無ではありませんが)。


 学生募集においては、そういう面白い事も学校でやっているというのを見せても良いのではないでしょうか?


 産学協同とはよく言われますが、名ばかりでその実はそうでもない学校(産学協同ってレベルではないもの)も多くあります。学校に入ってからではなく、学校に入る前の募集イベントでも企業とのタイアップをするという発想も今後は柔軟にやっていくと良いと思います。


 学内の資源の活用法はもう何度も何年も考え続けていると思います。そのために毎年同じような募集イベントになっている学校も多いでしょう。


 企業にとっても有用な企画ならばのってくるはずです。そういう企画力も今後は学生募集では必要になってくるでしょう。


 今までにない提携を考えてみましょう。まだまだいろいろとあるはずです。自校資産だけで勝負しようと思わずに、足りない部分は補い合うという考えも必要です。






学生募集広報戦略
posted by 学生募集アドバイザー亀田泰史 at 09:00| 学生募集・入試関連