最近の記事

2011年11月07日

ソーシャルメディア対策セミナーに参加してきました!

 先日来、こちらのブログでもご紹介していました11月4日の新宿NSビルでの「学校広報勉強会」に急遽参加させて頂きました(仕事柄、突然参加の許可を取っておりました)。


★参考記事:学校におけるソーシャルメディア対策セミナー開催!


年代が違うと大きく変わるソーシャル対策


 今回のテーマの一つの「ソーシャルメディア対策」はいわゆるSMOというマーケティング視点のものというよりも、どういう場所でどういう問題が起こり、それにどう対応するべきか?というのが基本的な内容でした。


 セミナーを担当されましたガイアックスの平林さんの話は、私の専門ではない、中高の話ですので、どれも新鮮なものでした。


 いわゆる専門学校や大学とは、学生の年齢層が異なる事もあり、学生個人のリスク意識も大きく違うものだという事を強く認識した次第です。


 講演の中でもありましたが、今の中高生というのは、生まれたときから環境にパソコンやインターネットが根付いているデジタルネイティブであり、私のような世代とは大きく感覚が違うわけです。


 その意味で、個人情報を出す事へのリスク意識が私達とは大きく違うというのも納得でした。


 また、ガイアックスさんはスクールガーディアンという掲示板監視のプロフェッショナルチームが学校裏サイトの検索・監視を行い、学校生活上の課題となっているインターネットでの個人情報流出やネットいじめへの対策について学校関係者をトータルにサポートするコンサルティングサービスを行っており、その取り組みなどを少しでも聞く事ができたのはとても参考になりました。


 なお、配布資料の中に「中高生ネット用語事例集」というのがありましたが、いや〜、勉強になりました。ほとんど宇宙語のように感じるものもあるなど・・・。

学校広報ツール制作のノウハウは圧巻


 そして、二つ目の講演はスクールプランナー高倉聡さんによる「学校広報ツール制作のノウハウ」でしたが、これは以前も参加している事もあり、半分以上は入口の受付席におり、外から聞き耳を立てていました(基本、カメラマン兼お手伝いで参加しています)。


 しかし、たまに聴こえる内容が興味深く、つい扉をこっそり開けてプロジェクターで映し出されているものを見ては、「流石の説得力」と感じずにはいられませんでした。


 はっきり言って、これを聴くだけでも、次の学校案内はさらに良いものに出来そうな気がするという、具体的な内容でした。


 高倉さんとは個人的にはかれこれ、お付き合いが長いのですが、学校広報、特に制作物に関するノウハウは他の追随を許さないくらい、細かい視点でチェックをしてくれます。


 自宅に戻って、高倉さん自身のチラシを拝見しましたが、シンプルで分かりやすく、また、つい引き込まれるものでした。


 やっぱり、凄い方だなぁと感じます。


 今後もセミナーを開催すると思いますが、参加された事がない方は、一度は参加されると良いと思います(これは宣伝文句でも何でもありません)。


 本当の学校広報に必要なノウハウを惜しげもなく披露してくれます。良いものに参加できました。






学生募集広報戦略


posted by SEMアドバイザー亀田泰史 at 09:00| セミナー